レビュー やんちゃな感情

  • HOME »
  • レビュー やんちゃな感情
この本を読むと 見えてくるもの。 「ええっ、この悩み 自作自演のドラマなの!?」 「ウソ、人間関係って 私の解釈がつくった 幻だったの!?」 「なぁんだ、 もう悩む必要な~し!」
レビューを書く

レビュー

この本に出会えて人生の見方が変わりました。この本に出会えた事を心から感謝します。多くの方々に読まれるといいなと思いました。

3+


1968.5.17生まれ隊員です‼
ず~と探してました。同じ思いの人を・・・そしてかなり人間ちっくになっていました。
生きずらくてもがいてもがいてどうしようもない時にこの本と出合いました。奇跡‼
全て回答が有りました。
私は槁本を救えず43才(私が22才)で逝ってしまいました。
父には私のせいだと言われ・・・でも、間違ってなかったのだと確信出来ました。 
是非、隊長に会いたいと思いました‼
隊長なら会えますね。その日までお土産沢山持って行きます🎵

2+


本音を言う。
どうして、自分はそう感じるのかと考える。
大事なことを教えてもらいました

2+


「どうしてあの人はああいう言動をするのだろう?」から、「自分はなぜそう感じるのか?」に視点を
変えるともやもやした気持ちがすっきりしました。

相手の立場に立って考えつつも、やはり本音を上手に?伝えた方がいいんだなーとつくづく思いました。

こどもの時から割とやりたいことをやって孤立するタイプだったけれど、学校になじめないタイプで、
スクールカースト圏外だったけれどもけっこう楽しく生きてきたんだなと再確認しました。

迎合して気を遣ってやりたいことしていない人生は、本当楽しくないと思います。

2+


何度読んでも、衝撃‼︎ 全部 私のコト⁈笑笑
と思うくらい、全ての答えが書かれてた‼︎
自分の感情がなぜ起きるのか。
紐解く答えが 明確に書かれてる♡

6+


自分の人生を変えた1冊!
知りたかった事が書いてある本です。
感情って形がなくて掴めないものだと思っていました。
この本は感情を科学している!感情の解体新書です☆

6+


自分や人への愛おしい気持ちが溢れ出てくる1冊

読み終えたところなので、忘れないうちにひとまずレビューを。

人や自分への愛おしさが溢れ出てくる1冊でした。

問いかけのベクトルを、相手ではなく、自分に向ける(なんであなたは○○しないの?、ではなく、どうして自分は、こんな感情を持つんだろう?など)の話、誰の「本音」も、実はとってもささいでくだらない(寂しいよ~とか、もっと話を聞いてほしい~とか、自分もちやほやされたい、とか)の話、本当の愛の世界の話、承認ゲームを終わらせる話、などが印象に残りました。

感情を軽視したり、ないがしろにしたりしがちだったりので、見つめ直すいいきっかけになりました。

6+


2017年8月24日(投稿)

面白かった。(^^)
感情は抑えたり控えたりコントロールするものだと思ってたけど、感情が湧く理由を考えたことはありませんでした。
ホント、面白かったです。(^^)

2+


2017/6/24
衝撃の一冊!!!
誰も解明できなかった、人の感情。
ぐるぐるして自分も人生も複雑にする感情。
世界初!!その感情の、解体新書がこの一冊です。

2+


2017年6月21日(投稿)

自己啓発本ジプシーの自分には、笑顔で首を締められた気がしました。いちいち正論なんで怒れないから困りました(笑)

2+


2017年4月14日(投稿)

面白い本です。
この本を読んで、心が軽くなりました(^-^)
「心が傷つくのではなく、心が痛んだ」という表現は確かにそうだと思いました。
何だか読んでるうちに、人は自分の都合でかわいそうな自分を作っているんだなと思えて笑えてきました(^-^)
いろいろあるけれど、自分は幸せだなぁとおもいました。自分の持ってる幸せに気づかせてくれる
良い本です。
たくさんの人に読んでもらいたいなぁな思いました。(^-^)

2+


2016年9月10日(投稿)

著者の前作はまだ読んでいません。同時に二冊とも購入しようかと思い前作のレビューをみたら評価の低さにびっくりして、とりあえずこちらの一冊のみ購入しました。今の私に読んでほしいと、知人に勧められたのがこちらの本でした。自己啓発や精神世界、スピリチュアルなどの本はたくさん読んでいる方かと思いますが、今までにあまりない感じのユーモアを交えた文章で面白かったです。堅くならず、リラックスして読むことができました。内容はこの手の本をたくさん読まれている方には、一度は耳にしたことがある内容もあったりしますが、違う表現や例えによってわかりやすく、なるほどと思っていただけるかもしれません。スピ系が苦手な方でも、夫婦や親子や職場などの人間関係で悩んだことがある方でしたら、大きな気づきが得られると思います。

1+


2016年8月8日(投稿)

読み終えたところなので、忘れないうちにひとまずレビューを。

人や自分への愛おしさが溢れ出てくる1冊でした。

問いかけのベクトルを、相手ではなく、自分に向ける(なんであなたは○○しないの?、ではなく、どうして自分は、こんな感情を持つんだろう?など)の話、誰の「本音」も、実はとってもささいでくだらない(寂しいよ~とか、もっと話を聞いてほしい~とか、自分もちやほやされたい、とか)の話、本当の愛の世界の話、承認ゲームを終わらせる話、などが印象に残りました。

感情を軽視したり、ないがしろにしたりしがちだったりので、見つめ直すいいきっかけになりました。

1+


レビューする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGETOP
Copyright © 金城幸政オフィシャルファンサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.