東京やんちゃ神さまセミナー

先生からの

授業メッセージ

本日は やんちゃ神さまセミナー in 青山

テーマは 「終わり 初まり」

2018年 初めの授業は 終わり初まり

2018年は おそらく激動の一年に

なります

政治 経済 自然現象も含め

大きな大きな「変容」の年になります

変化とは これまでの延長線上で 変わること

ですが

変容とは まったく違うものへと変わること

です

青虫は 毎日 毎日 青葉を食べることとで

少しずつ変化成長し変わり続けます

しかし 隣りの木々へ移り住もうとすれば

葉から 枝へ 枝から幹へ

幹から地面へ

そして地面を渡って 隣の木々へと

何時間もかかって移ります

しかし 一旦 青虫が 蝶へと変わると

蝶は 一瞬で 隣の木々へと飛びます

森を超えても 山を超えても

楽しく飛び回りながら ひと時で

移ります

そもそも 青虫と 蝶は 同じ生命の

違う形でしかありません

しかし 同じ生命でありながら

住む世界は まったく別の次元です

青虫は 葉を食べ 蝶は 蜜を食べます

2017年までは 青虫だった地球人が

2018年からは 蝶へと 変わります

変化とは 青虫の変化成長の世界ですが

変容とは まさに青虫が蝶へと 世界を変えることです

「これまで 」が 終わり

これまでの影響を全く受けない「これから」

それが始まる 2018年

これまでの時代は

醜いアヒルの子は

醜いアヒルの子のままでした

アヒルは 住む環境を さほど選びません

越冬地へと 旅もしません

飛んでもせいぜい数キロくらいです

しかし 白鳥は 命をかけ

8,000メートルもの山々を越え

自分を発展させてゆく地へと

越冬します

越冬し得たものだけが

白鳥たる ダンスを踊り

パートナーを得ます

白鳥には 冒険があり

チャレンジがあり

命がけ があり

互いを讃える ダンスがあります

同じ鳥 であっても アヒルと白鳥では

住む世界 生きる世界は 全く違います

私は 幼い頃 醜いアヒルの子 でした

特別席に座らされ

廊下に立たされ

何年もイジメを受け

特殊学級へ入れられ

学校でも 社会人になっても

適応障害として みなされていました

しかし 私は 幸せでした

何故なら

醜いアヒルの子 とは

白鳥だと知っていたからです

私は アヒルの生き方が出来ません

私は 白鳥しか生きられません

アヒルとは 安心無事 無難

未来へ保険をかけ 失敗をしない

非現実的 バーチャルの世界です

そして 白鳥とは 果敢にチャレンジし

新たな地へと 創造し続ける

リアルな世界です

変化から 変容へ

今年は これまでの終わりが始まる年

そして 新たな世界へと 旅立つ年

今日はその第1弾

やんちゃ神さまセミナー爆発しますよ〜

2+