黄金そばをつくったからと

先生に呼ばれました

調理科に通う 私(小堀)息子のために

先生は 出汁の説明をしてくれた

たくさん並んだ

鍋を ひとつひとつ開けて

何を使って何が入っているのかを教えてくれた

息子の眼はキラッキラッ✨✨✨

味見と 違いの話をしてくれた

本当はもっと 1つひとつに細かいプロセスがあります

出汁骨も 豚骨 鶏ガラ 2種類

鰹だし 野菜の出汁もある

基礎出汁に それぞれの出汁を混ぜていく

それは 先生のあんばいで

トッピングの

ソーキ(骨つき豚) 三枚肉 2種類ですが

それぞれ味付けが違う

先生は おそばしか食べられない時期があって

おそばに 本当に感謝している

✨✨

✨✨

命を食する

その 畏敬の念が伝わる

高校生の息子も静かに見守る

食べる直前まで どんな味なのか

わからない

✨みんなで戴きます

澄んだ出汁

丁寧にとられた あぶらとあく

ネギも二種

出汁が美味しすぎて

麺にすすめない

優しいスープ

ちぃさな声で おいしーぃ

だぁーれも喋らない

そんな心地になっちゃうそば

沖縄そばでは初めての

シメのご飯、、、、言葉を失うおいしさでした。

ご馳走様でした❣️

0