金城 先生の手作りそば

命ともいえる 黄金スープ
鳥と豚の出汁骨 

そしてにんじん 玉ねぎから煮込む野菜ベースの出汁をつくります
出汁骨から出る灰汁を丁寧に取って

また煮込む
かつお節は最低でも二回は入れて

かつおだしをとる
一つのそばを作るのに

3〜5時間以上はかかるよと

先生からいつも話にはきいていました    

実際 側に立ってみると

一つひとつ細かい工程 手間ひまかかってて

それくらいかけてこその味なんだと

それぞれの鍋の汁を少しずつ取り分け

スープのベースの出汁に調合していく姿は

まさに匠✨👀

分量の割合いを決めていくのは

『感覚』
これだ!とはまるあの味を出せるのは

先生だからこそ✨

凄い✨


出来上がりの黄金そば💕


料理ひとつも命と愛を込めて💖