若い頃、毎日珈琲を入れていた

あの時、僕の孤独を支えていたのは珈琲だった

先生の

珈琲を淹れる時間は

神聖な時間
image