20150501130251_IMG_0071-1

ファンサイト作成の話を初めて聞いたのは、
転職して一カ月ぐらい経った時だった。

円隣さんから、ファンサイトの作成依頼
が来たよ。と、転職先の社長から聞いていた。

その時は、新しい職場での適応や、
携わるプロジェクトがピークだったため、
余裕が全くなくて、聞いてもリアルに
感じていなかった。

それからしばらくして、
ファンサイトのキックオフミーティング
があることを知った時、考えるよりも
先に、「僕も円隣さんの案件に参加させて下さい」
と直談判していた。

その突然の申し出を受け入れくれて、
プロジェクトの合間に参加できる
ことになった。

「円隣さんの案件は、人間学の生徒でも
ある僕が絶対に入らないと。金城先生の
想いを感じれるのは自分しかいない。」

と勝手に想いが膨らんでいたからだ。
何の根拠もないが直感でそう思った。

初ミーティングでは、
心がワクワク踊り、
イメージがどんどん浮かぶ。

あれもしたい、これもしたい。
これからが本当に楽しみだった。

でも、現実は携わるプロジェクトの
ボリュームが大きくて、とてもじゃ
ないけど、円隣さんの案件に時間を
割ける状態ではなかった。

悩んだ結果、また社長に直談判。

「今のプロジェクトも大事ですが、
僕がやりたいのは円隣さんの案件です。
だから、プロジェクトを抜けて、
円隣さんの案件に集中させてもらえませんか?」

こんな無茶なお願いをしっかり受け入れ
てくれて関係者に交渉してくれて、
晴れて円隣さんの案件に携われることに
なりました。もう感謝しかありません。

便利なものを作るIT屋から、
人の想いを形にするIT屋へ。

これは、自分の理想の働き方に
シフトするチャンスでもあった。
それが、円隣さんという大好きな人たちと
できるなんて何てハッピーなんでしょうか。

これからの円隣さんとのやりとりは、
また別のタイミングで報告しますね。

サイト製作者:西村直也