食後のデザート 2015年05月23日

 

image

 

image

お腹一杯なのに〜と言いつつ、果物を食べる 

こだわりの珈琲 2015年05月21日

IMG_0038 IMG_0042

 

 

 

 

 

 

こだわりの珈琲・・・

スタッフ分を準備している先生

先生 そばを食べる のまき 2015年05月16日

先生 そばをたべる。

 

image

書き込み中 2015年05月13日

image

 

 

 

 

 

 

 

セミナー前のFacebook中

47年前から 2015年05月9日

私と先生の縁は、かれこれ50年。

先生が生まれてからなので、当然といえば当然。

でも、円隣で仕事をするようになって、よく聞かれるのが

「金城先生って、小さい頃からそうでしたか?」ということ。

そうって?どういうことよ? と思ったけど、

先生の持つオーラやエネルギーは地球人にとって

とても不思議な感覚なのだと分かった。

でも、それは本当に 先生が幼い頃から

自分に誠実に生きてきた証しなのだと思う。

19671219をインタビューしたり、記事を書いていく中で、

私の記憶にある先生と徐々に繋がっていく中のひとつに

とても、衝撃を感じた出来事がある。

まだ、先生が2歳くらいだったと思う。

当時4才くらいの私は、よく先生の背中をさすって

寝かせていた。

何分も、何十分も、何時間でも。

毎日。

その時は、私もその方が寝つきがいいのかな?くらいにしか

思っていなかった。

でも、違っていたのだ。

それは、『水と緑の惑星』地球の

未来のビジョンを見ていたから

眠れない日々を過ごしていたのだと繋がったのだ。

地球を救うという想い。

 

先生は、地球を救う救急隊長。

私たちはその隊員。

私たちは忘れてしまっていたが・・・・・

先生は隊長の 記憶 があるのではなく

自分が何者かを知っている。

地球での生き方を知っている。

ユーモアのある生き方を知っている

 

 

 

 

幸美の開発うら話・・・2 2015年05月6日

うら話2挿入

私(宮良)が、円隣で先生の仕事に関わるようになったのは
もう8年も前。
それまでは、金城先生が人材育成などの
セミナーをしていることは分かっていたけど
私自身が元々、以前の職場で人材育成をしていた事もあって
私が慣れ親しんだコーチングとか、MSなんとかとか
系統的に完成されたと思われている人材育成とは角度の違う
セミナーが全く理解できず、大して重要と
感じていなかった。

ちなみに、私の以前の仕事は医療機関。
ハッキリ言って、
その現場にいたからこそ言えることがある。
専門分野の世界にいると、
その専門分野という社会的な評価が
自分達の世界観を狭くしているとは
なかなか気付かない。
あくまでも、自分達の世界が中心。
井の中のかわずとはこの事だと、気づいたのは
金城先生の言っている事が、
まさにその通りだと感じ、
私自身の色眼鏡が消えた瞬間に全てが
理解できたのだった。

隣の芝生は青い と思っても
自分の芝が青いとは
その場にいては分からない。
そこから出て初めて分かるものなのだ。

金城先生の生き方や言葉は
人生に「ハッと」することを
魂が、スカッと爽快になることばかり。

小堀さんの19671219誕生秘話にあるように
金城先生の言っていることは、
当時の地球(ちたま)
社会にとっては異質で理解されないもの。
でも、これからの社会は
人として本来の在るべき姿、
本質で生きていく時代に入っている。

金城先生のファンは、そこに気付いた人。
本来、人は、私はどう生きたいかと
感じ、それを行動に出来る人が
「なんか、スッキリする」
と集まって来ていると思う。

そんな人達のために、
地球(ちたま)を良くしたいと思って
先生のファンになった人へ
そしてこれからファンになる人へ向けて
発信していく。

そういう私も先生の「魂のファン」なのだ・・・。

幸美の開発うら話・・・1 2015年05月3日

5月1日、午後6時・・・金城先生ファンページオープン❣

待望の待望のファンページ。(^^♪
ようやくここまできたな~って、ひと山越えた感じ。
ここまでたどり着くのに
先生に「いつ、僕のティーアップ」してくれるの?と常々言われ・・・
はや・・・3年?。
いやいや、私が関わって3年以上か???

そうして、ようやくオープンを迎えました。
これまで、色んな開発者に会ってきたけれど、
〈先生の文章をそのまま出すのは、勿体ない・・・〉言われ、
結局はメルマガも止められ、ブログも止められ。

ファンとしては月いち、セミナーでしか先生に会えない状態に、もんもんとする日々。
だから、ファンからは先生の日常を知りたい❣っていう声がずっとありました。
日常っていうのは、セミナーでの先生しか知らないので
ファンの心理としては「どんなことでもいいから先生を知りたい」ということなんですね~。

例えば、
ご飯を食べてる先生。
パソコンを打ってる先生。
(実は先生、パソコンをカチャカチャ両手で打っているのではないんだなこれが)
ゴルフのスイングしている先生

とにかく、先生の意外な一面も見たい・・んですな。

ということで、追い追い少しづつではありますが
先生のファンページ作成うら話から載せていきますね。

ちなみに先生もIT素人の私に任せてくれたのは
私(宮良)を育てていく親御心でもあるんですね。
中には、ファンタグレープ事件とか赤い三輪車事件とかも書いていきますので
先生の19671219と合わせて読んでほしいな~